タグ: 環境

タイのスイレンが10年ぶりに咲きました。

過去10年間で初めて、タイの湖で何千ものピンクのスイレンを見ることができます。
バンコクから3時間離れたところにある、カオサムローイヨート国立公園は、足を止める価値のある自然があり、地域では多くの観光客が来ることを望んでいます。
しかし、公園管理者は環境のもろさから、注意が必要だとしています。湖が綺麗になるまで訪れない人々もいるのではないかという懸念もあります。

花はタイの文化では神聖なもので、湖面に咲くスイレンの群れは、地域のカメラを持った人たちにはいいニュースとなりました。

しかし、「現在は、来るべきではありません。」と管理責任者のRungroj Aswakultarinさんは言います。

「国立公園では、スイレンを復活させる途中段階です。準備ができ次第、一般公開を始めるつもりです。」と彼は言いました。
Rungrojさんの言うことはよくわかります。
過去数十年間、公園の湖は荒れ、石灰岩カルストがそびえ立っていましたが、スイレンの開花は一度も見られませんでした。

誰も理由はわかっていません。
しかし職員たちは、度重なる干ばつ、肥料や近くのシーフード工場による公害が原因ではないかと考えています。
近年、管理者は公園を綺麗にしています。ついに今年、ピンクのスイレンを湖一面に見ることができたのです。
タイは、観光産業による収益と環境の保護のバランスを取るための努力をしています。
いくつかの国では観光業が爆発的に成長を遂げています。
過去数十年、外国人観光客は、2006年は1380万人だったのに対し、昨年は3250万人と2倍以上に増えました。多くは中国からの観光客です。
これらの観光客は、パンフレットに載っているような自然のビーチなどに訪れたいと思っていますが、実際に行ってがっかりする人も多いのが現状です。
タイの観光大臣は、観光産業に対し、富裕層の観光客を取り込むように指示しています。
今週、25の海洋公園を含む61の国立公園がモンスーンのために閉鎖し、現状回復しようとしています。しかし、環境学者は傷つきやすいエコシステムには、より長い閉鎖期間が必要で、訪問者の数を資源することが必要であるとしています。