タグ: 就職活動

タイの現地採用者の昇給について

先日、弊社では人材紹介会社より求人を行っていること、現地採用者の募集を行っていることを書きました。
今回は、募集にて集まった求職者の面接時に色々と質問があったことで多かったことを書いておきます。

現地採用者を面接していると、タイトルに記載したように昇給について聞かれました。正直、私が日本で就職活動をした時は、気にならなかったというか「そんなことを言うと採用してくれないのでは?」と考えて言えませんでした。しかし、タイに来てからタイ人を採用する時や働いている最中なんかでも聞かれることがあったので知らないうちに慣れていました。
ただ日本人の面接時に聞かれたのには違和感があったので記事にしました。

弊社では現地採用の社員(営業)が既に2名います。今回、面接でこんな質問が多かったので彼らに確認したところ、どちらも入社前には気になっていたということでした。(ただ聞けなかったとは言ってました。)
弊社は、年に1回査定があり、年収に対して5%〜10%の間で昇給があります。良くも悪くも何もなければ基本給の6%昇給するのが通例です。営業マンの場合は、営業成績によって上昇することがありますが、ほとんどの場合は賞与に充てられ、基本給は通常通りとなるケースが多いです。
バンコクにある他社に確認してみると、営業の場合、基本給の昇給がないところが多かったです。ただ賞与に換算しているということでした。中には基本給も賞与もずっと変わらないというところもありましたが、そういうところは珍しいようです。

採用しようと思った方を紹介してくれた人材紹介会社の担当者に相談したところ、求職者からの相談で多いのが昇給についての相談とのことでした。募集要項には記載されていても、実際は昇給がないということがあるからとのことです。また、昇給がないことによって退職したり転職したりというケースもあるようです。

現地採用者の昇給についてまとめると、会社によって異なるようです。営業マンだと数字がわかりやすいので昇給がなくても賞与に反映されるというところが多いです。きになる方は人材紹介会社を通して聞いてみるのも良いと思います。

タイの現地採用者の面接について(採用側の考察)

タイで就職活動をしていると必ず必要なのは面接だと思います。(こればかりは、日本での就職活動であっても同じだと思いますが。)

先ず、私が面接時に気になることをあげます。

①挨拶
②履歴書・職務経歴書
③服装

これらが最初に気になります。

①挨拶
日本本社で面接をしていた時は、声が小さいということはあっても全員が出来ていたように思います。しかし、タイにきてからは5人に1人くらいは挨拶が出来ない人がいてびっくりします。挨拶が出来ない人は、10分くらい適当に面接をして帰ってもらっています。もちろん採用しません。

②履歴書・職務経歴書
私の上司からは「パソコンで作っている奴はダメだ。」と言われていましたが、ここ最近は手書きの方が珍しいくらいです。今回、募集をしていて応募者が人材紹介会社を含めると13名いましたが、手書きは1名だけでした。
履歴書・職務経歴書を見てきになるところは、「作成日付」「履歴書の年号の正確さ」「どういった経験か」となります。技術職だと資格や、どの会社でどういったことをしたかまで気になるんだと思います。私のところは、日本人を雇うのは営業だけなので最初の3つと運転免許の有無くらいです。

③服装
ジャケット、靴、手首、手を見ます。他はあまり気にしません

以上が私のきになるところです。
そして必ず聞くことがあります。

(a)自己紹介と今までの職務経験(私は職務経歴書見ながら)
(b)タイで働こうと思った理由
(c)タイでどれくらい働く(住む)予定
(d)タイ人の恋人や家族はいますか。
(e)タイで好きな場所、好きなこと

最後の2つは採用したいと思った人にしか聞いていません。
プライベートなことになるので、人によっては嫌悪的な反応をする方がいるためです。

面接の話をしたので、ついでになりますが面接回数についても触れておきます。

タイでは日本の面接と違って、1次面接・2次面接・3次面接と言ったように、大学時代の就職活動を思い出すくらい面接が多い会社があります。弊社では管理職以外は面接は1回にしておりますが、日本在住者のみ2回面接をしております。
理由としては、会ってお話をしたいというのが一番です。タイに住まれている方、タイに来られて面接が出来る方であれば、直接お会いします。その時に上記の3つを確認します。日本に住まれている方は1次面接をスカイプで行い、2次面接を日本にある本社もしくは支社で行っています。(1次面接を通れば、2次面接で落とすことは少ない)
他社についても確認したところ、同じような理由を述べている会社が多かったですが、中には日本にいる方はスカイプ面接のあと、自費でタイに来てもらい面接を行うというところもありました。自費で来るなら働く意志は強いと判断をするようです。