タグ: ニックネーム

あなたを驚かせるかもしれない面白いタイの文化

どこかに旅行した時に、何があなたを魅了しますか?
私にとっては、ローカルの雰囲気を経験することです。バンコクに行ったことがない人はタイ文化のちょっとした衝撃的なコースを体験してみてください。
重要なことにだけ目を向けます。例えば、揚げ物やニックネームです。もしかしたら、この記事を読むと、あなたの頭の中に大きなクエスチョンマークが浮かんで来るかもしれません。広い心を持って読んでください。

アメリカンフライドライス
美味しそうな赤いフライドライスは、アメリカのレストランのメニューでは見ることがありませんが、アメリカンフライドライスと呼ばれています。実際、このメニューはタイの地元の人たちに大人気なのです。この料理は、ケチャップで炒め、ソーセージ、手羽元揚げ、目玉焼き、たまにエビが入っています。きっかけは、ドンムアン空港にあるレストランが、アメリカ人のための朝食を用意しましたが、フライトが欠航になってしまいました。そこで、レストランのマネージャーは、全ての食材を使った新しい料理を考案したのです。1人のアメリカ人兵士が、「これはなんですか?」と尋ね、「アメリカンフライドライスです。」とマネージャーが答えました。これが、この料理の生い立ちです。もし食べたことがないのなら、ぜひ食べてみてください。

ビニール袋に入った飲み物
タイの屋台で売っている食べ物は、とても安く美味しいですが、時々、一部の人にとっては不思議な入れ物に入って提供されることがあります。バンコクの通りを歩いていると、カラフルなソーダ、タイのミルクティーやコーヒまでもがビニール袋に入れられて売っている光景を目にするでしょう。そう、ビニール袋です。タイでは、ごく普通の光景で、食料品を入れるようなビニール袋に飲み物を入れて売っているのです。安心してください、味は一般的な飲み物と同じです。

新たなフルーツディップ
タイに行ったことがある人は、至る所で果物カートを見たと思います。実際にフルーツを食べた人はいますか?果物自体は普通ですが、ディップの種類を見たことがありますか?たくさんの選択肢があります。例えば、チリと塩、桃のパウダーや甘いものとスパイシーなものを合わせたナムプラー・ワンや、エビのペーストまであるんです。聞きなれないものが多いですが、実際にフルーツをディップして食べてみると、意外と相性がいいことに気づくでしょう。しょっぱく、辛味があり、甘いのです。次回、果物カートを見つけた時には、ただパイナップルを買うのではなく、ぜひ冒険してみてください。もちろん、これもビニール袋で提供されます。

21世紀のタイのニックネーム
多くの国ではニックネームが存在します。オーストラリア人は名前を省略して必要のないZをつけることを好み、多くの中国人は幼少期にニックネームをつけます。しかしタイでは、生まれた時にニックネームが付けられます。そしてそのニックネームはなんでもいいのです。色、動物、もの、ブランド名やなんの意味もないものもあります。例えば、宝石という意味のポーリーは、女性に最も使われているニックネームで、バンクは男性に多いです。そして、本名は創造的なものになっています。最近のトレンドでは、2つの音節を組み合わせたものが多いです。
例えば、お米を供給するという意味のポン・カオや、岩山という意味のプーパのような名前です。

タイではこれ以外にも面白い文化がたくさんあります。