タグ: タイ就職

タイ現地採用として就職するまでの道のり

タイで就職する方法は幾つかあります。駐在員として訪れるケース、タイが好きで移り住んできて現地採用となったケース、私のように駐在員で訪れ現地採用となったケースなどです。
今回はタイ現地採用にクローズアップして、タイ現地採用として就職するまでの道のりについてお話をしたいと思います。

はじめに

現在、どこに住んでいますか?日本ですか。タイですか。それ以外でしょうか。
タイとタイ以外では少し方法が違いますが、これから説明する方法はタイにいるものとして説明します。ただ、タイ以外に滞在している人でも役に立つ情報がありますので最後まで読んでください。

ステップ①:準備

タイにいない場合は、タイへいくための準備をしましょう。
準備といっても簡単です。各種証明書類の発行とコピーの作成、緊急時の連絡先の確保、カード付帯の保険等の確認をしておきます。それらができれば、あとは航空券を買って荷物をまとめて飛び立つだけです。
語学力が気になる方も多いかと思いますが、あまり気にしなくて結構です。タイ国外から仕事を探す場合は、結構英語力を問われますが、タイ現地に来てしまえば案外関係なく働くことが出来ます。

ステップ②:到着

タイに到着すれば、しばらく寝食ができる場所を探すことをお勧めします。長期的になることもあるので安宿が良いと思います。仕事が決まってから、定宿を探せば良いですから。
わざわざタイに来て仕事を探しているのに、はじめにアパートメントを契約してしまう人がいます。そうなると、働けるエリアが決まってしまいますので、どんなに良い条件の仕事を見つけても、アパートメントを解約するリスクを考えると躊躇してしまうことがあります。私の知人は契約したばかりという理由で良い条件の仕事を断ってしまい、その後半年以上仕事が見つからなかったというケースもあります。

ステップ③:情報収集

タイ現地採用を求める求人は若ければ若いほど数多くあります。逆に50歳以上はほとんどありません。
求人情報を探す方法として、インターネットとフリーペーパーの2つを抑えておけば事足りると思います。ただ40代や50代の方はタイでのネットワーク作りも率先して行い知人からの紹介を得るように頑張るのも同時に行ってください。
先ずフリーペーパーを探す方法としては、日系の飲食店に行ってみましょう。そうすれば2種類か3種類のフリーペーパーはすぐにゲット出来ます。求人が記載されていれば、問い合わせてみれば良いと思います。
そしてインターネットで探す方法として、海外情報掲示板の書き込みをみるのも良いですが、最初に行うのは人材紹介会社への登録です。お勧めの人材紹介会社は、別途記事を書こうと思いますが、大手から中堅どころを合計3つか4つに登録してください。その際には履歴書と職務経歴書、簡単な面談が必要となりますので、それらの準備は日本で行っていてもいいと思います。

ステップ④:面談

日本などのタイ国外にいる場合は、スカイプでの面談になるかと思います。しかしタイは、タイ国内での面談を求める企業が多いため、ここでタイに来ているということが役に立ってきます。直接面談が出来る場合は、「会って話が聞きたい」という企業も出てきます。適したポジションがなかった場合でも、タイにいるだけでチャンスが広がります。
面談は、日本と変わりません。普段通りに行えば問題ありません。

ステップ⑤:採用・就職

採用となればすぐに内定がもらえ、1ヶ月後に勤務開始というのが通例です。
その理由はワークパーミットの取得に関する手続きが原因です。
中には、”タイにいるなら来週から来てよ”みたいな会社もあるようです。

タイで暮らしていると海外の友達から聞かれること

タイで長く暮らしていると、海外の友達から聞かれることで多いのは”タイで働くにはどうすればいいの?”って質問です。基本的な回答は、”「会社にタイ駐在員になりたい」と言えば良いんじゃないでしょうか”、と答えます。しかし、多くの人はタイ支社がないことが多いので色々と相談に乗るということが多くのパターンとなっています。
以前のタイに移住する人は、退職者が多かったイメージですが、最近は私よりも若い20代30代の人にも会う機会が増えています。そんな若い世代の彼達から得た情報を踏まえて、タイで外国人が働ける仕事についてお話したいと思います。

教える仕事

教えると書くとイメージがしづらいかも知れませんが、英語教師や日本語教師という仕事のことを指します。時給換算で考えると割の良い仕事になるんですが、月給で考えると少なく感じると思います。ただ副業をしやすいので、メインで学校に所属して月間3万バーツから4万バーツを得て、プライベート講師として2万から3万バーツを得れるようにすることは十分に可能です。私に英語を教えてくれている英語教師はプライベート講師だけで月給7万バーツ近くになると言っています。
ただ私的にはプライベート講師のみで仕事をするよりかは安くても学校に所属していることが良いと思います。理由は、学校に所属していれば履歴書に経験として記せるからです。プライベート講師の場合は、履歴書ではアルバイトやフリーターと相違がないように思えます。余裕があればTOEFLの資格を取得することもお勧めします。
教える仕事は教師だけとは限りません。ダイビングインストラクターなどのスポーツインストラクターという仕事もあります。それぞれの国で資格をとっていれば仕事のチャンスも増えます。ジムや学校などで専属契約をしていれば3万バーツから4万バーツを稼ぐことができます。人気が出ればフリーインストラクターや独立ということも視野に入れることができます。

不動産の仕事

タイのコンドミニアムは人気が上がっているので不動産の仕事は需要があります。ノウハウを学べば、独立開業するチャンスが多いのも、不動産の仕事の特徴です。また不動産の仕事であれば、バンコクにこだわらずにリゾート地を専門として活動することも可能です。給料はインセンティブという場合が多いですが会社に属せば5万バーツ前後からスタートとなります。

企業で働く

正直、これが手っ取り早い選択だと思います。ただ苦労するのが就職までの道のりです。別の記事で就職までの道のりについて記事にするのでよければそちらを読んでください。

起業をする

海外で起業することは色々なハードルが待ち受けていますが、初期投資が案外安く済むということもあります。金銭的に余裕があれば起業することも視野にいれてみると良いと思います。