日別: 2017年8月3日

新しい仏教寺院はタイ文化の中心になるか

オレンジ色のローブに身を包んだ僧侶が、タイ仏教センターのホールで、花のアレンジメントに向かい、横1列に座っていました。
訪問者はボウルに入った水を手にし、ゆっくりと僧侶の間を移動します。彼らは手のひらで水をすくい、下の花に水を滴らせます。
タイでは、水の儀式は僧侶の加護を受ける象徴となっています。タイの新年のお祝いの中心的なイベントとなっており、最初のイベントは新しい寺院、セントルイスパークの近くにあった旧ルーテル教会で執り行われました。
寺院はミネソタワットタイとして知られているタイ仏教センターをアップグレードしたものです。メンバーは、この建物が仏教徒のためだけのものではなく、タイの文化を発信する場所になってほしいと願っています。
「私たちはこの場所をタイを学ぶ場にしたいのです。」と、このセンターのプログラムマネージャーのYin Srichoochatさんは言いました。「タイの料理、タイの踊り、タイの言葉、タイの楽器などです。他にこういったことを学べる場所がないですから。」
この地域は宗教的な施設だけを集めたわけではありません。ベテル、ユダヤ教会、ベニルド=セント・マーがレッツスクールもあります。異なる宗教間の関係を構築するにはいい場所になっています。
「これは、他の宗教の代表者たちと関係を築くのにとても良い例となり、お互いに興味を持つチャンスにもなります。」と、ワット・タイのコーディネーター、トレイシー・シュルツさんは言います。

ミネソタ・ワット・タイは2003年に設立され、メトロエリアに創設されたタイの3大仏教セクトの走りですと共同創設者のSutape Ple-Plakonさんは言いました。最初の寺院はベッカーの家でしたが、2006年にエルク・リバーに移転しました。現在では20~30人のメンバーがいますが、文化的なイベントなどには100人以上の地域のモン族が出席することもあります。
エルク・リバーセンターは僧侶が詠唱したり瞑想したりするために人里離れたところにあります。
ミネアポリスから最低でも45分かかり、多くの人にとっては運転するのに遠すぎてしまい、また、大きなイベントを主催するにはスペースが限られていたとSrichoochatさんは言います。
ミネアポリスでアメイジング・タイランドというレストランを経営するDee Noreeさんは、昨年ワット・タイの代表者に選ばれました。1月、彼は2年以上使われていなかった旧ルーテル教会を購入したのです。
数ヶ月以内にワット・タイは古い教会を寺院に作りかえました。僧侶とボランティアの人々が電気や配管を直し、壊れた窓を入れ替え、壁の落書きを塗り替えました。大きな黄金のブッダと他の小さなブッダは寺院の瞑想スペースに設置されました。
リノベーションの多くは僧侶たちによって行われ、そのうちの3人がワット・タイに配属されました。オレンジ色のビーニー帽にハンティングジャケットを着て、朝と夜の詠唱の合間に掃除をしてきました。
この新しい施設は、バーチウッドの人々に歓迎されました。バーチウッド近隣協会のマーガレット・ログ共同代表は、住人たちは教会の建物を存続させることができ、喜んでいると話しました。
「この建物が残るということに、とても感謝しています。」とログ代表は言います。「それだけではなく、私たちに文化の多様性をもたらしてくれるのですから。」。この感想は、ログ代表とともにタイのニューイヤーフェスティバルに参加したセントルイスパークのジェイク・スパーノ市長も同じようです。
「1つの宗教コミュニティーが出て行き、新たな宗教コミュニティーが入ってきました。」と彼は言います。「それはアイデンティティ、参拝所という特徴を残しています。」
タイの新年を祝う1週間前、ベテルのラビ・アレクサンダー・デービスさんは寺院を訪問し、イベント時にユダヤ教会の駐車場を開放したいと申し出ました。
デービスさんは仏教徒の隣人たちと仲良くなりたいと願っており、集会のメンバーにも彼らの伝統を学んでほしいと思っています。
「文化的交流が可能となり、教育の機会や資源分配も進めて行きたいです。」と彼は言います。「まずは相互理解を進めて行きたいです。」

寺院は2018年のオープンに向けて、やるべきことはまだまだあります。薄くなった青い外壁は少しずつ削り、少し補強が必要です。
ニューイヤーフェスティバルで、寺院は日曜日には人で溢れました。参加者のほとんどはアジア系で、他のバックグラウンドを持つ方々も参加してくれました。
「私たちは全ての人を招待します。」とPle-Plakonさんは言います。「あなたが仏教について学びたいと思ったり、敬意を表してくれるのなら、いつでも歓迎します。」
トロピカルシャツやドレスを着て、参加者はパレードし、伝統的なダンスを披露しました。出店ではパパイヤサラダ、タピオカジュース、焼き鳥などが提供されました。
現在は12人以上の僧侶が所属しており、Phraathikan Prapatphan Ritsakunwongさんは12月にタイからミネソタにやって来ました。
「私はとても楽しみにしています。エルク・リバーの時には、そこまで多くの人は来てくれませんでしたから。」と、彼はタイにいるときに話していました。
センターは7月にさらに2人の僧侶を受け入れます。シュルツさんは彼らのための家を今年中に作る予定ですと話しました。
アメイジング・タイランドのシュルツさんは近隣の人たちの歓迎ぶりに喜び、驚いたと言います。
「人々は他の文化を知る方法を探していて、異文化に対してオープンで受け入れてくれるということを表明してくれました。」と彼女は言いました。「そして、私たちはとてもいいタイミングでここに来られたと思っています。」