カテゴリー: 観光

タイに行く前に知っておくべき8つのポイント

最近、多くの人がタイに行っていると思いませんか?
ゾクゾクするような文化、エキゾチックなビーチ、美味しい食事、そしてフレンドリーな地元の人々というのは、観光客をタイへ向ける十分な理由になると思います。

でも、行く前にトラブル回避の方法を知っておきましょう。以下、タイに行く前に知っておくべき8つのポイントを紹介します。

1. 礼儀正しくしましょう。
タイでは礼儀を重んじていますので、失礼な観光客にならないように、「お願いします」と「ありがとう」は言うようにしましょう。挨拶をするときは手を合わせてお辞儀をしましょう。そして、屋内に入るときは靴を脱いでください。これは、寺院に入るときも同じです。

2. 行く前に少し言葉を学んでおきましょう。
これはあなたが考えているほど難しいことではないです。タイの言語は、英語の単語を合わせたようなものやフレーズで、正しく発音すれば旅行中にトラブルに巻き込まれることはないでしょう。「ホテル」、「タクシー」、「ディスコ」、「セイム(同じ)」という単語はタイでも英語と同じように使われます。

3. 夜はタクシーを使い、日中はトゥクトゥクを使いましょう。
タクシーは快適です。トゥクトゥクでは都市の景色を眺めることができます。
タクシーは観光客からお金をだまし取ると言われています。実際に、儲けるために、地元の人が使うよりも少し高めに請求しています。トゥクトゥクも完璧ではありません。乗る前に必ず値段を確認・交渉しましょう。

4. 首長族を訪ねてはいけません。
まず初めに、彼らはタイ出身ではありません。ミャンマーからの難民で、タイ政府は完全に観光利用しています。そこを訪れた多くの観光客は悲しい経験をし、文化的経験というよりも”文化的動物園”に来たのではないかと疑問に思ってしまうでしょう。

5. 決して王様や女王を悪く言ってはいけません。
王様はタイ全土で最も愛されている人物で、どんなことがあっても彼をばかにしてはいけません。王様と王族は愛されていて、多くのタイの人々が王様を公正さの象徴や、コミュニティーの父として見ています。タイは愛国心の強い国です。実際に、公共の場やラジオ、テレビで毎日朝8時と夕方6時に国家が流されます。人々は何をしていても一旦止まり聞き入るので、あなたもそうするべきでしょう。

6. 詐欺師に気をつけましょう。
外国人からお金を多く取るというのは、共通認識です。
実際、何年間も観光客から搾取しているネットワークもあります。最も知られている手法としては、同意の上で幾らか加算するか、知らされずにアップグレードされているかです。そして、正規の値段で販売していそうな宝石店でも、買う前に少し調べてから、地元の人たちに聞いたほうがいいでしょう。

7. レディーボーイたちと遊びましょう。
タイは巨大なトランスジェンダー文化で、レディーボーイと呼ばれるおかまによく出会うでしょう。タイの人々が、レディーボーイについてジョークを言っているのを聞くかもしれませんが、彼らは認められたサブカルチャーで社会において重要なパートであると考えられています。もし機会があれば、レディーボーイキャバレーショーを見に行って見てください。

8. トイレットペーパーと消毒液を常に持ち歩きましょう。
なぜなら、日本とは違って必ずしもトレイにトイレットペーパーがあるわけではありません。手洗い用の洗剤や消毒液も同じです。

戦争を引きずっているタイの日本に対する感情

今年の初めに、日本に対する世論のジェネレーションギャップを埋めるため、2つのイベントがタイで開催されました。
タイ国日本人会は3月中旬に、タイ西部のカーンチャナブリーで慰霊祭を執り行いました。それは、「泰緬鉄道を作る上で亡くなった方の鎮魂と、世界の平和」のために行われました。
50人ほどが参加し、式典は、第二次世界大戦中に過酷な環境下で強制的に働き、栄養失調やコレラやマラリアなどの病気で亡くなっていった人々のために1944年に日本軍によって建てられた記念碑の前で行われました。

戦後記念碑は放置されていましたが、バンコクを本拠地にしている在タイ日本人会が土地を買い、1963年から年に1回、戦犯やアジア人労働者の慰霊祭を行っています。
この記念碑を知っている人は少ないですが、「私たちにはこれを保存する責任があります。」と、会長の大橋寅次郎さん(76)は言います。大橋さんは1965年に日本の自動車製造業者の代表としてタイに渡りました。

タイは西洋の植民地支配を避け、第二次世界大戦中は、戦争末期に連合国に味方するまでは日本と同盟を結んでいました。
日本が負けた時、「多くのタイ人が喜びました。」と、84歳の写真家 瀬戸正夫さんは言いました。瀬戸さんは日本人の父とタイ人の母のもとに生まれ、バンコクで育ちました。
戦時中、日本人兵士はケチで傲慢だったため、「多くのタイ人は占領下にいるように感じていました。」
反日感情は、1942年に仏教の僧侶が連合国軍の捕虜にタバコを渡し、怒った日本人兵士がその僧侶の顔を殴ったことから高まりました。

記念碑の横の戦争博物館を運営しているArun Chansiri(78)は「日本人が嫌いです。」と言いました。

70歳のPhichien Koosmithは、味の素のタイ支部のアドバイザーです。彼が入社したのは1969年で、当初はアメリカ留学までの期間だけ働くつもりでした。日本の調味料メーカーに雇われることについて、彼の先生は「もっといい仕事を探しなさい。」と言ったそうです。

1974年、当時の首相である田中角栄(1918-1993)はタイを訪れ、強烈な反日デモと日本製品の不買運動を目にしました。人々は、過去の軍事的侵略ではなく、「経済的侵略」を非難していました。

チュラロンコン大学のチャイワット・カムチュー教授(64)は、福田赳夫首相(1905-1995)によって発行された1977年の福田ドクトリンが日本とタイの関係の分岐点になったと言います。ドクトリンでタイと日本は同等の関係となり、東南アジア諸国との理解を深めていきました。

日本のODAがタイのインフラ整備に貢献したことから、シハサック・プアンゲッゲオ駐日タイ大使は、タイの発展に向けた日本への信用が高まったとしています。

日本企業にとって、タイは重要な製造業と物流の拠点になっています。バンコク日本人商工会議所は1985年の会員数が394であったのに対し、2014年には1,546にまで増えました。
バンコク日本人学校は、海外の日本人学校としては最大で3000人の生徒が在籍しています。在タイ日本人は1985年に7,852人であったのに対し、現在は60,000人ほどになっています。
日本の文化の一部である漫画とアニメは1970年代に浸透し始め、タイの30代から50代は漫画とアニメとともに育ってきました。

「タイガーマスクや他の漫画を通して、日本のことを知りました。」とSihasakさん(57)は言います。
タムくんとして知られている漫画家のウィスット・ポンニミットさん(38)は「食習慣などの日本人の精神は、ドラえもんなどの漫画を通して、タイ人に受け入れられ、日本人との共通点を見つけることができます。」と話します。
日本人とタイ人の結びつきは2011年の大災害後も強くなっています。2011年、日本では地震と津波、タイでは大洪水がありました。
観光・スポーツ省のコプカーン・ワタナワランクーン大臣は洪水後も日本企業がタイに残り続けていることに感謝しています。
東日本大震災の被害者を支援するための曲を作った音楽プロデューサー、ボイド・コシヤボンさん(47)は「タイ人のうち戦後に育った世代は、日本に対して悪いイメージが一切ないです。」と話しました。

在バンコク日本人は冗談で、首都のことを「東京都バンコク区」と呼んでいます。またスクムウィット通りには約2,000軒の日本レストランがあります。
毎日のように日本人に対してタイの観光スポットや食事、文化を紹介するイベントが開催されています。
2013年から、日本政府はタイ人の短期の旅行者に対して、ビザなし訪問を許可しました。これにより、2014年には660,000人のタイ人が日本を訪れ、その数は直近3年間の訪問者数の5倍を記録しました。

2006年以降、日本を紹介するテレビ番組のホスト役をつとめているカンヤラット・”ティック”・ジララッチャキットさん(38)は、「中国や韓国は一度行けば満足ですが、多くのタイ人は人々が礼儀正しく温かい日本を何度も訪れています。」と言いました。
一部の専門家はタイ人は賢く、自己中心的だと考えています。写真家の瀬戸さんは「タイ人は日本の経済利益を賞賛しています。」と言います。
大橋会長も同調しましたが、「日本人の正直さは感謝され、兄弟姉妹として共存していくことを期待しています。タイで生活できることへの感謝を忘れてはいけないのです。」と語りました。

タイのスイレンが10年ぶりに咲きました。

過去10年間で初めて、タイの湖で何千ものピンクのスイレンを見ることができます。
バンコクから3時間離れたところにある、カオサムローイヨート国立公園は、足を止める価値のある自然があり、地域では多くの観光客が来ることを望んでいます。
しかし、公園管理者は環境のもろさから、注意が必要だとしています。湖が綺麗になるまで訪れない人々もいるのではないかという懸念もあります。

花はタイの文化では神聖なもので、湖面に咲くスイレンの群れは、地域のカメラを持った人たちにはいいニュースとなりました。

しかし、「現在は、来るべきではありません。」と管理責任者のRungroj Aswakultarinさんは言います。

「国立公園では、スイレンを復活させる途中段階です。準備ができ次第、一般公開を始めるつもりです。」と彼は言いました。
Rungrojさんの言うことはよくわかります。
過去数十年間、公園の湖は荒れ、石灰岩カルストがそびえ立っていましたが、スイレンの開花は一度も見られませんでした。

誰も理由はわかっていません。
しかし職員たちは、度重なる干ばつ、肥料や近くのシーフード工場による公害が原因ではないかと考えています。
近年、管理者は公園を綺麗にしています。ついに今年、ピンクのスイレンを湖一面に見ることができたのです。
タイは、観光産業による収益と環境の保護のバランスを取るための努力をしています。
いくつかの国では観光業が爆発的に成長を遂げています。
過去数十年、外国人観光客は、2006年は1380万人だったのに対し、昨年は3250万人と2倍以上に増えました。多くは中国からの観光客です。
これらの観光客は、パンフレットに載っているような自然のビーチなどに訪れたいと思っていますが、実際に行ってがっかりする人も多いのが現状です。
タイの観光大臣は、観光産業に対し、富裕層の観光客を取り込むように指示しています。
今週、25の海洋公園を含む61の国立公園がモンスーンのために閉鎖し、現状回復しようとしています。しかし、環境学者は傷つきやすいエコシステムには、より長い閉鎖期間が必要で、訪問者の数を資源することが必要であるとしています。