カテゴリー: 芸術

タイがシンガポールと北朝鮮のハイブリッドになりつつあると指摘

アピチャートポン・ウィーラセータクンは香港を羨んでいます。
タイが2年前に軍事政権となって以来、現行の政治的混乱は国を後退させ、国の男たちの自由を脅かすのではないかと彼は言います。
ウィーラセータクンは、母国のことを「シンガポールと北朝鮮のハイブリッドになってきています。」と言います。

アピチャートポン・ウィーラセータクン – Wikipedia
美術家。チェンマイを拠点に映画やビデオ映像、写真を制作する。愛称は、ジョー。

9月17日、「狂気の静けさ(The Serenity of Madness)」と題した自身初の単独移動展覧会のオープニングのため、香港にいました。11月27日まで展覧会はNPOアートスペース「パラサイト」で開かれ、ビデオ作品、写真、彫刻などタイの最近の政治システムを反映した作品が展示されます。
中でも「ブンミおじさんの森」は、多くの映画で賞を受賞しています。2010年のカンヌ国際映画祭でタイ人で初めてパルムドールを受賞しました。

ブンミおじさんの森 – Wikipedia
あらすじ – タイ東北部。腎臓の病により死を前にしたブンミおじさん。後先長くないことを悟り、ある時死んだブンミの妻の妹・ジェンとトンを自らの農園に呼ぶ。三人で食卓を囲んでいると、突然女性の幽霊が出現する。それこそが19年前に亡くなったブンミの妻・フエイだった。しばらくすると、今度は長年行方が分からなくなっていたブンミの息子・ブンソンが姿を変えて現れる。愛する者たちを取り戻したブンミは、4人で森の中に入っていく。

展示は、香港の立法会議の劇的な選挙の2週間後から一般公開されました。人々は完全な民主主義を楽しんでおらず、さらなる改革を求めて投票しています。

タイは国がどれだけ後退しているのかを直視できません。常に文化の発展のために政府の援助を夢見ていましたが、今では政府は変わり、計画はほごになりました。代わりに文化発展のための費用は軍事費として使われているのです。また、検閲もあります。

私は、香港で文化がコミュニティーの一部になること、香港の人々が自由を楽しんでいることを羨ましく思います。

タイにおける検閲の促進は、無言の批評家たちを標的としていると、ウィーラセータクンは考えています。そしてそれは、芸術を作り出すことを難しくするだけではなく、展覧会を主催することも難しくしています。芸術家は病気の兵士を取り上げた2015年の映画「光りの墓」の公開をタイ国内ではやめました。これは政府の検閲を避けるためです。
事実、多くのタイ人は軍事政権下では状況は悪化すると諦めていると、ウィーラセータクンは考えています。
根深い混乱の文化では多くの世代が業の法則を信じ、軍隊を認めるという事態に発展しています。
軍隊の司令官たちは力を強め、政治のプロセスは議会ではなく力によって解決されています。人々はこれに慣れてきてしまい、今では軍隊を受け入れてしまっています。人々は面倒を見てくれる「親」を必要としていて、その親は戦車や銃から社会を守ってくれるのです。
ウィーラセータクンは、タイの人々は、まだ政治への関心が低いと感じています。しかし、何人かのアーティストは、政府から是正勧告をされるかもしれないにもかかわらず、現状に対する怒りを芸術で表現していくことを明らかにしています。この是正勧告には、芸術作品の阻止や政権への批判をやめさせる狙いがあります。

ウィーラセータクンの作品は自身の個人的な思い出やタイの文化を反映していると言いますが、必然的に政治的要素も潜り込ませているようです。彼の2009年のマルチ・ビデオ・インストール作品「プリミティブ」は、現在ロンドンのテート・モダンで公開されています。この作品はタイ北東部にある村、ナブアの夢のような記憶を再現しています。これは1960年代のタイの軍隊と共産主義者との衝突を思い起こさせ、これから先タイの政治がどうなっていくのかという疑問を投げかけています。

最後に「創造的な人々は疑問をあらわにしなければならないのです。」と彼は言いました。