タイに行く前に知っておくべき8つのポイント

最近、多くの人がタイに行っていると思いませんか?
ゾクゾクするような文化、エキゾチックなビーチ、美味しい食事、そしてフレンドリーな地元の人々というのは、観光客をタイへ向ける十分な理由になると思います。

でも、行く前にトラブル回避の方法を知っておきましょう。以下、タイに行く前に知っておくべき8つのポイントを紹介します。

1. 礼儀正しくしましょう。
タイでは礼儀を重んじていますので、失礼な観光客にならないように、「お願いします」と「ありがとう」は言うようにしましょう。挨拶をするときは手を合わせてお辞儀をしましょう。そして、屋内に入るときは靴を脱いでください。これは、寺院に入るときも同じです。

2. 行く前に少し言葉を学んでおきましょう。
これはあなたが考えているほど難しいことではないです。タイの言語は、英語の単語を合わせたようなものやフレーズで、正しく発音すれば旅行中にトラブルに巻き込まれることはないでしょう。「ホテル」、「タクシー」、「ディスコ」、「セイム(同じ)」という単語はタイでも英語と同じように使われます。

3. 夜はタクシーを使い、日中はトゥクトゥクを使いましょう。
タクシーは快適です。トゥクトゥクでは都市の景色を眺めることができます。
タクシーは観光客からお金をだまし取ると言われています。実際に、儲けるために、地元の人が使うよりも少し高めに請求しています。トゥクトゥクも完璧ではありません。乗る前に必ず値段を確認・交渉しましょう。

4. 首長族を訪ねてはいけません。
まず初めに、彼らはタイ出身ではありません。ミャンマーからの難民で、タイ政府は完全に観光利用しています。そこを訪れた多くの観光客は悲しい経験をし、文化的経験というよりも”文化的動物園”に来たのではないかと疑問に思ってしまうでしょう。

5. 決して王様や女王を悪く言ってはいけません。
王様はタイ全土で最も愛されている人物で、どんなことがあっても彼をばかにしてはいけません。王様と王族は愛されていて、多くのタイの人々が王様を公正さの象徴や、コミュニティーの父として見ています。タイは愛国心の強い国です。実際に、公共の場やラジオ、テレビで毎日朝8時と夕方6時に国家が流されます。人々は何をしていても一旦止まり聞き入るので、あなたもそうするべきでしょう。

6. 詐欺師に気をつけましょう。
外国人からお金を多く取るというのは、共通認識です。
実際、何年間も観光客から搾取しているネットワークもあります。最も知られている手法としては、同意の上で幾らか加算するか、知らされずにアップグレードされているかです。そして、正規の値段で販売していそうな宝石店でも、買う前に少し調べてから、地元の人たちに聞いたほうがいいでしょう。

7. レディーボーイたちと遊びましょう。
タイは巨大なトランスジェンダー文化で、レディーボーイと呼ばれるおかまによく出会うでしょう。タイの人々が、レディーボーイについてジョークを言っているのを聞くかもしれませんが、彼らは認められたサブカルチャーで社会において重要なパートであると考えられています。もし機会があれば、レディーボーイキャバレーショーを見に行って見てください。

8. トイレットペーパーと消毒液を常に持ち歩きましょう。
なぜなら、日本とは違って必ずしもトレイにトイレットペーパーがあるわけではありません。手洗い用の洗剤や消毒液も同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です