タイで働いても日本人の働き方は変わらない

私が働いているのは日系企業です。そして私は駐在員です。そのため、お盆休みを取ることが出来ます。普段のお盆休みはヨーロッパへ旅行することが多いのですが、おばあちゃんの7回忌があったので日本に帰っておりました。
その時に、いとこや甥っ子からテレビのイメージのせいか、海外で働くと聞くとアメリカ企業のようなイメージを持つようで、本気で言っているのかさえわからない質問を多くされました。なので、今回はタイでの日本人の働き方について書こうと思います。

海外で働くことを決意される方は、日本での働き方を好きになれずに来られるという方が多いと思います。実際に、こちらで働く現地採用の方と話すと、そういうことを聞きます。

でも、私の会社もそうなのですが、日系企業が海外に進出してきたからといって社風が変わったり、システムが変わったりということは聞きません。(しかし、海外進出して社風やシステムが変わっている会社は、日本も同じように変えたというところはあるようです。)

住環境は全然違いますが、労働環境は大差ないように思います。

昨今、日本で話題になっているのがブラック企業です。サービス残業がどうかだとか、パワハラが酷いとか、セクハラ接待があるとか、そういうことって海外に出てきたからと言って日系企業が大して変わるものじゃないと思います。

これって社内環境が関係あるとは思いますが、上司に依存するところが多いです。「私は先輩から、こう教わった。」ってことを普通に言って、同じことを部下に強要することがあります。これの連鎖がブラック企業を作っているのだと思います。

タイに進出している日系企業の多くは、ここ数年単位の会社が多いので悪しき連鎖が少ないために日本と違うと考える人がいます。しかし、傍目から見ている私にとっては、日本よりも酷いと思うところもあります。そこはお客様の会社だったりするので傍観しています。

私の会社では、日本式を入れるとタイ人がすぐにやめてしまうので海外ドラマにあるような環境になっていると思われがちですが、私を含めて日本人駐在は日本式で働いています。任期が終えて日本に帰ったら対応できませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です